森林の恵みをあなたの暮らしに・・・ キセイテックは樹木の精油やフィトンチッド製品など自然の恵みを社会に提供しています

ヒノキチオール [天然・合成]

強力な抗菌性と広い抗菌スペクトルで注目されています。

天然ヒノキチオール

ヒノキチオールは、青森ひばに比較的多く含まれる結晶性酸化化合物です。ヒノキチオールを含有する他の樹種として、台湾ヒノキ(台湾)、ウエスタンレッドシダー(北米)などがあげられますが、日本のヒノキにはほとんど含まれていません。
1936年に台湾ヒノキ油から単離されたのが最初で、ほぼ同じ頃スウェーデンの学者も別個に同じ化合物の単離に成功しました。当時はトロポロン骨格を有す ることで非常に注目されました。最近、青森県工業試験場の岡部敏弘博士らによってヒノキチオールの強い抗菌性と広い抗菌スペクトルが明らかにされ、あらた な注目を浴びるに至っています。

天然ヒノキチオールの特長

  1. 独自技術による高純度の製品(天然品の成分はヒノキチオールのみ)です。
  2. 低毒性で稀にみる広い抗菌スペクトルをもっています。
  3. 食品の保存・防腐剤として使用できます。
  4. 殺菌、消炎、細胞活性効果があり、育毛・養毛剤にも使われています。
  5. 青果物のエチレン生成抑制や呼吸抑制効果があります。
  6. 水に微溶(0.1%程度)、アルコール・エーテル・炭化水素剤に可溶です。
  7. 昇華性があり、密閉空間等では蒸気発散により抗菌性を発揮します。

主な用途・納品実績

実用例
  • 育毛・養毛剤・頭髪用化粧品・・・殺菌・消炎・細胞活性効果
  • 歯磨き組成物・・・歯牙等の発育促進、殺菌細胞活性、口臭防止
  • 抗菌・防カビ剤・・・繊維、建材(内装)、花包装材
  • 食品用防腐剤・・・殺菌、食品添加物
将来性
  • 医療用材・・・MRSA対策医療、アトピー、水虫治療
  • 衛生害虫防除・・・ダニ、カビ、ゴキブリ等の忌避殺虫

最小発育阻止濃度データ

最小発育阻止濃度(MIC)とは、菌の増殖を阻止するために必要な抗菌剤などの最小濃度です。MICの値が低いほど菌に対する抗菌効果が高いことを示します。(数値=ppm)

菌種 天然ヒノキチオール ソルビン酸
大腸菌 20 2000
枯草菌 50 1000
黄色ブドウ球菌 100
緑膿菌 200
酵母 50 500
黒カビ 50 2000
くものすカビ 10 1000

性状および仕様

ヒノキチオール(抽出物):ヒノキ科ヒバ等の木部や根部を水蒸気蒸留し得られる油分を分解精製し得られたもの。

構造式 C10H12O2ヒノキチオール構造図
化学名 ヒノキチオール
β-ツヤプリシン
4-イソプロピルトロポロン
性状 無色から淡黄色結晶、昇華性あり
弱酸性(0.1%水溶液pH3.5~4.0)
金属イオンと接して塩を形成しやすく、着色する
物性 融点:50~52℃
沸点:140℃/torr
溶解性:水に微溶(0.1%程度)
アルコール、エーテル、
炭化水素溶剤に可溶
公定書 既存化学物質番号 9-1526
TOSCA記載 CAS No.499-44-5
化粧品原料基準 第2集 注解1
安全性 急性毒性 LD(50)カエル
マウス
MLD モルモット
慢性毒性 体内への残留性を認めず
163±45mg/kg
650±50
1000
出荷ロット 1kg / 500g / 100g / 10g
価格 お見積り

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0736-32-5075 メールでのお問い合わせ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 有限会社キセイテック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.